開戦前夜~その2

2008年10月15日

そう

それはもうあの時始まっていたのかも知れない、、、





地球世紀トゥーダブルオーエイト、夏の真っ盛り
まさか自分が戦いの真っ只中に飛び込むとは思っていなかった頃

だんじりの準備に沸く岸和田、波切ホールの小ホールでは
開戦前の火種がふつふつと燃え始めていた


その場にフラフラとたまたま潜入に成功した私は
ホールの最後方で目立つ事無くステージの動きに目をやり
話の内容に笑い、引き込まれていった

その瞬間までは

ステージでは酩酊の中、対談が終わり質問コーナーへ
客席では何人かの民間人が手を上げていたが

マイクを握り締めたララァが全速力で向かってきたのは
手を上げよう筈もない一回の民間人だった僕のところだった

無言で僕にマイクを差し向けるララァ
うろたえた僕から出た言葉は

「いや、、、手、上げてないし、、、、」

な、情けない(>_<)

なぜもう少し気の効いた一言が発せ無かったのか!!!
今考えても自分に腹が立つばかりである

その時クワトロ大尉の姿をしたぬまっち少尉が発したのは

「やっぱり赤い服を着た人のところに行っちゃったんでしょうね」

さ、さすがだ
既に3倍気が効いている、、、







  


Posted by 大魔王 at 22:41Comments(4)