白戸次郎とアパッチ野球軍

2010年07月29日/ ネタ

参院選挙中に放送され続けたSoftbankの白戸次郎選挙CM



選挙速報中にも白戸次郎当選のCMが流され
紛らわしい、やり過ぎと賛否両論あったけど

結局



当選は取り消しになった、らしい(笑)

ま、そもそも「ただともの国」って何やネンつう話なんやけど
当選した後にいまさら「犬は政治家になれないと判断」されるとか(笑)

この設定なんかどっかで聞いた事あるというか
何かに似てるような気がして考えてたら思い出した!!


それはアパッチ野球軍、最終回



youtubeとかニコニコで動画を探したけどなかった。゚(゚´Д`゚)゚。

簡単に最終回のストーリーを説明すると
紆余曲折あって問題児を抱えた野球軍が
地区予選の決勝を勝利で飾って甲子園へ!!となるのだが

残念ながら塾は高校ではないので甲子園には出場できません。゚(゚´Д`゚)゚。
となるわけですな

どっちも最初っから分かってたでしょ~~~に(≧∇≦)てな話なんですが

問題は白戸次郎CMは勿論決め撃ちなストーリー展開なんでしょうが
アパッチ野球軍原作の花登筺先生はきっと大真面目で
この劇的ストーリーを考えたんやろうな、つう事ですわ(*^▽^*)

花登筺先生そもそも野球の事あんまり知らんかったんちゃうかなぁ?

決勝の相手高校の名前がQL学園なのは良いとして
最終回ここで抑えたら優勝という場面でQLの主砲にホームラン性の打球を飛ばされ
逆転負け寸前のところでモンキー(選手の名前ね)が得点ボードに上り
得点ボードのてっぺんでボールをキャッチ!!!すると審判が

アウト~~~~~!!!!!

わぁ~~アパッチ野球軍優勝や!!!!
ってなってるんやけど

ホームランですよ、、、子供の目から見てもホームランです(^。^;)


だから塾と言う設定で始めてみたものの
え?塾は甲子園出場出来ひんの?
じゃそれをクライマックスに持って来て優勝はしたけど
塾では出場出来なかったって最終回にしよか

そんな感じだった気がする

あくまで僕の邪推ですが(^。^;)


さて、ストーリーはなかったけど
せめてオープニングとエンディングだけでも聴いてって






  


Posted by 大魔王 at 16:50Comments(0)