開戦前夜~その5

2008年11月25日

不定期連載「開戦前夜」
ガンダム講談戦場カメラマン、大魔王の志願入隊までを追っています

まだ続いています(^^;)
まだだ、まだ終わらんよ(笑)





前回は講談初体験した日本一亭南陵会に参加した話でしたが

大魔王が初体験した講談の演目は以下の通り

旭堂南陽 『戦国時代の偽恋』
旭堂小二三 『太閤と風流』
旭堂南半球 『ガンダム講談~木馬城内の血戦』
旭堂南陵  『幸村の娘』

始まる前に講談の途中で写真撮ってもいいですか?
と受付に聞きに行ったんですが

何も言ってないのに受付に居た南半球師の弟弟子、南陽さんが
「あ、半球兄さんですよね?ちょっと聞いてきます」
と言い放ったのはやっぱり僕がヲタ臭いと言う事でしょうか(^^;)

ま、十分自覚していますがね(笑)


そもそも古典芸能もガンダムも好きな小生
しかも昔からラジオ聴いて知ってる南陵大師匠も見れて
大満足な一夜で御座いました

その後もマイミクになった南半球師のblogチェックしてたんですが
9/11付けのblog「ガンダムの引力」を読んで
後のサイド6、北の家族での打ち上げがめっぽう楽しそうで

思わず
 『次は打ち上げも参加させていただきたいっ(≧▽≦)
     ジークジオン!!
        Posted by 大魔王 at 2008年09月11日 19:17』

と書き込んだのが実質最初の入隊志願では無かったか?
今ではそう思います

で、次の日の南半球師のblog「ガンダムの輪(エンジェルハィロウ)」では

『ちなみにガンダム講談会の打ち上げに参加したい人は何か手伝ってほしい(普通にお客さんをOKしちゃうと際限がなくなってしまうので)。手伝いの内容はたとえば、受付を手伝ってくれたり、チラシを配ってくれたり、ビデオカメラで映像撮ってくれたり、写真家で写真撮ってくれたり、デザイナーでチラシデザインしてくれたり、雑誌や新聞に記事を載せてくれたり、弁護士で法律相談にのってくれたり、社長さんでスポンサー広告出してくれたり、政治家でバックに付いてくれたり・・・。宇宙市民の真の自由と解放(君ならこの言葉の本当の意味が分かるはずだ)のために君の力を貸してくれ!連絡は←の【メッセージを送る】から打電されたい。』


写真家で写真撮ってくれたり
写真家で写真撮ってくれたり!
写真家で写真撮ってくれたり!!
写真家で写真撮ってくれたり!!!

降りてきたぁ~~~~
むしろ「手伝って良いの?手伝っちゃうよ」と言う感じ(笑)

まもなく開戦するガンダム講談一年戦争に参戦する為
すぐに志願する旨メッセージ送ったのは当然の流れでありました



つづく






 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。